特別な知識は不要 | 新卒で転職するときに身に付けておきたいマナー

新卒で転職するときに身に付けておきたいマナー

特別な知識は不要

プロであっても

仕事をするうえで、その仕事に対するプロ意識はかなり重要といわれています。
出版業界は書物に対するある程度の知識や興味は必要ですが、そこまで専門的な資格や知識は必要としてない場合がほとんどです。
編集などの仕事になると、パソコンにおける資格や知識が必要ですが、出版業界のほとんどは資格がいる仕事ではないので、興味ややる気、根気強さが必要となります。
出版業界が厳しくなっている中、営業の人はより熱意が求められると言われています。
もし本が好きな人であれば、ある程度書物の売れ筋は理解しているので、おのずと出版業界の流れも理解できていることがほとんどです。
就職を考える前に、出版業界でどのような働き方をしたいのか、どういった理由で出版業界を選んだのかを明確にしておく必要があります。

マナーは必要

出版業界に就職するときは、本が好きであればほとんどの人が楽しんで仕事をすることができると言われています。
求人応募するときには、面接でも本が好きという前提で話を進められることが多くあります。
本が好きなことに加えて必要なのが、社会人としての必要最低限のマナーになります。
未経験の人でもアルバイトや前職の仕事を通して、働くということについて理解しておく必要があります。
当たり前の敬語ができるということや、電話応対ができるといった簡単なことは身に付けておくと良いでしょう。
出版業界に入社してから、希望の仕事をもらえるまでは試用期間として目の前の仕事に励むことが大切です。

Copyright© 2015 新卒で転職するときに身に付けておきたいマナー All Rights Reserved.