面接では | 新卒で転職するときに身に付けておきたいマナー

新卒で転職するときに身に付けておきたいマナー

面接では

本を売ることを考える

出版業界では、どの職種でも本を売る力が求められます。
出版社や取次の場合であれば、取次や書店に対して書物をアピールする力、編集によって書物を魅力的にする力が必要になります。
書店の場合であれば、お客さんに対していかに1冊1冊の書物をPOPや陳列によって魅力的に見せるかが肝心です。
就職活動ではこうした点を踏まえて、アピールしていくと良いでしょう。
もし出版業界で働きたいのであれば、自分が働いた時にはどのようにして本を売っていくかを考えて、企画提示するのも1つの方法です。
企画書を作ることによって、書物に対する熱意と共に、働く意欲を大きくアピールすることが可能です。

出版社の場合

出版社で働く場合、仕事をしていくと本に関して様々なテーマで企画書をつくることが増えていきます。
編集する人間はもちろんですが、営業でも企画書を作って書店や取次に行くことが多くあります。
特に営業の場合であれば現場である書店の意見を取り入れて、出版社内に本の企画を行うというのも仕事の1つです。
もし出版業界で経験があるのであれば、思い切って企画書を持っていくのも良いでしょう。
こうした熱意も大事ですが、面接をする際の身なりや言葉遣いも忘れないようにすることが肝心です。
今後の業界の流れと仕事の内容を認識しているという意味を込めて、面接前に企画書を考えてみると、就職の可能性も一気にアップします。
また、面接前にはその企業でどのような本が出版されているかも確認しておくと良いでしょう。
そうすることで面接の時に話が弾むきっかけにもなります。

Copyright© 2015 新卒で転職するときに身に付けておきたいマナー All Rights Reserved.