出版業界の職種 | 新卒で転職するときに身に付けておきたいマナー

新卒で転職するときに身に付けておきたいマナー

出版業界の職種

出版社への就職

出版社にもいくつか職種が分けられますが、人気の高いものであれば出版営業があげられます。
この場合であれば、かなりやりがいもある仕事とされており、頑張れば頑張るほど評価も上がります。
前職で営業の仕事をしていた人が、出版社に転職する場合でも営業を選ぶことで強みを活かすことが可能です。
他にも編集の仕事がありますが、この場合であればある程度の専門的な知識が必要となります。
もし専門学校などで、ある程度の編集の知識を身に付けているのであれば、すぐに即戦力として働くことができるといえます。

書店への就職

出版業界の中でも本好きであることが求められるのが書店の仕事です。
近年では、インターネットの普及に伴って書物離れが騒がれていますが、そんな中書物の良さを伝えられる人は書店でも求められている人材になります。
書店の場合、店員はアルバイトであることが多いですが出版業界の営業窓口として書店は位置づけられているので、もし出版業界を引っ張って行きたいと考えているのであれば書店への就職を考えてみても良いでしょう。

取次の仕事

出版業の中でも出版社と書店を繋ぐパイプ役とされるのが取次の仕事になります。
取次の仕事は、出版業界の中でも将来性が強い仕事と言われています。
もし出版でも取次の仕事を考えているのであれば、大手だけでなく、中小企業の取次会社も考えておくと良いでしょう。
中小では人員が足りていないことも多いので、求人募集をしているところはあります。
小さい会社でも利益を出している会社はあります。
このように、出版といっても様々な職種があるので、自分がどのような分野に向いているのか理解したうえで就職活動を続けることが大切です。

Copyright© 2015 新卒で転職するときに身に付けておきたいマナー All Rights Reserved.